プラント建設・ものづくりの藤崎電機と自然エネルギー発電のガイアパワーがひとつとなって
新会社「株式会社GF」がスタートしました。

Scroll

NEWS

お知らせ

2019/09/01

藤崎電機株式会社と株式会社ガイアパワーは2019年9月1日をもって合併し
新たに株式会社GFとして業務を開始することになりました。
永年に渡り両社に賜りましたご厚情に対して深く感謝申し上げます。
本合併により、経営基盤の強化、管理・業務部門の効率化をはかり、社員一同新たな決意をもって、
自然エネルギー発電事業(プロジェクトの開発、ファイナンスを含めた企画、設計・調達・建設、運営・メンテナンスまで)、エンジニアリングサービス、オリジナル製品の製造・供給事業、インフラメンテナンス事業を推し進めてまいります。
今後も皆さまのご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

MESSAGE

代表あいさつ

株式会社GFの母体、藤崎電機株式会社は、1973年、工場・発電所・施設の電気制御工事からスタートしました。
30年以上に渡り、製造工場や事務所、商業施設等の電気計装工事、上水道設備の維持管理等、
生活のインフラを支える事業にも携わってきました。
ファウンダー(藤崎稔)の「ものづくり」、メーカーになることへの強い志から、「創造性とチャレンジ精神」を
会社存立の原点と掲げて固有技術の研究開発を続け、オリジナル製品の製品化に成功、メーカーとしての歩みを始めました。
その後、製造自動化装置等の製造を手掛けることにより、お客様のご要望を形にする
「エンジニアリング」事業にも注力してきました。

MIT留学時代に出会った、システムダイナミックス(システム思考)の権威である
Dr.Stermanからの問い、「2000年代中頃に世界人口は100億人に
到達し、その後、劇的に減少するという結果をどう受け止めるか?」を胸に、
技術者として、少しでも温暖化を抑制し、持続可能な社会の実現に貢献できる仕事を
するのだと決意しました。

2011年、自然エネルギー発電事業を展開する株式会社ガイアパワーを設立、藤崎電機と2社
でプロジェクトの開発、ファイナンスを含めた企画、設計・調達・建設、発電所の
運営・メンテナンスまで、全ての工程を手掛ける事業を拡大してまいりました。

現在、太陽光発電のマーケットは成熟期を迎え、従来のような大型太陽光発電所建設
は急激に減少しています。
私たちは市場の変化に迅速に適応する機動的で柔軟な組織体へと
進化を遂げ、人と未来のために持続可能社会に寄与する事業を一つひとつ進めてまいります。

株式会社 GF
代表取締役
藤崎 耕治

BUSINESS

事業案内

ORIGINAL

オリジナル製品

今世界にないものを創る。
GFのチャレンジスピリッツと技術力は既成の枠にとらわれない
オリジナル製品を生み出し続けます。

ENERGY

自然エネルギー発電

持続可能な社会を目指して。
GFはプロジェクトの開発、ファイナンスを含めた企画、設計・調達・建設、発電所の運営・
メンテナンスまで自然エネルギー発電事業の全プロセスを一貫してサポートします。

MAINTENANCE

インフラメンテナンス

製造工場や事務所、商業施設など様々な施設の電気計装工事を創業時から手掛けています。
各水源地・配水池の遠隔監視システムの開発・設置をはじめ、排水設備の電気制御装置の
設計・施工等、地域の人々のライフラインを支えています。

ENGINEERING

エンジニアリング

自動化設備や省力化装置の提案から
設計、開発、調達、製造、施工、保守までトータルサポート。
医薬・食品関係、粉体関係等の生産ラインや制御システム等多岐分野で
培った技術と経験で対応します。

WORKS

製品&サービス

太陽光発電所

人と地球に優しい技術で社会に貢献する。
ただ建設するだけではない、
共に生きていくGFの太陽光発電。

マイクロミストスプレードライヤ

「シングルミクロンの液滴を大量噴霧できる
ノズルは世の中にない。」
世の中にないものを形にしたGFのオリジナルプロダクト。

ファクトリーオートメーション

多岐にわたるエンジニアリングサービスで
培った「細部に宿る」技術であらゆる
ご要望にお応えします。

PEOPLE

社員紹介

実は一番印象に残っているのは、幅広く数多くのプロジェクトを経験できたことかもしれません。

執行役員

近藤 雅也

社員自身が楽しめる環境を自ら作っていけるところが藤崎グループなんだと思います。

技術課

鴻上 朝香

専門分野では負けないと建設工事に必死で喰らいつき、会社へ帰って夜な夜な勉強したのを覚えています。

電装工事部 部長

中西 康徳

ACCESS

アクセス

COMPANY

会社概要

ミッション 「社員一人ひとりの物心両面の幸せを実現し、持続可能社会に寄与する」
理念 「私たちは自然エネルギー発電事業を核とし、エンジニアリングサービスで地球環境と地域社会に貢献し、持続可能社会に寄与します。そして、事業活動を通じて人間成長と経済成長を実現します。」
社名 株式会社GF
所在地 〒774-0001 徳島県阿南市辰己町1番地38
創業/設立 創業:1973年 2月15日
設立:2011年10月 5日
資本金 8,400万円
経営メンバー
  • 代表取締役 藤崎 耕治
  • 取締役 浜崎 健司
  • 取締役 野中 啓孝
シンボルマーク 株式会社GFの「G」と「F」をモチーフにしています。 「G」に向かって鳥が羽ばたいているように見えたり、風車に見えたり、人によって見え方は様々。
社員一人ひとりの個性を尊重し、変化が著しい今日の時代、多様性のある会社へ飛躍したいとの願いを込めました。

HISTORY

沿革

  • 1973年2月藤崎稔(ファウンダー)が創業
  • 1974年7月藤崎電機工業所有限会社設立
  • 1998年4月阿南市辰己町に本社新築移転
  • 1999年10月HEST装置 徳島ニュービジネス大賞優秀賞 受賞
  • 2001年3月ISO9001取得 Q19554
  • 2002年8月徳島県経営革新支援法の認定を受ける
  • 2006年10月マイクロミストドライヤ第1号機ヨーロッパへ輸出
  • 2007年1月ベンチャーフェアJAPAN「イケてるベンチャー」選出
  • 2009年6月徳島県はぐくみ支援企業認定
  • 2011年10月株式会社ガイアパワー設立
  • 2012年12月市民参加型メガソーラー・美馬ソーラーバレイ
    (太陽光パネル容量1.2MW)完成
  • 2014年1月~ 2016年8月鹿児島大隅半島で天神発電所はじめ9発電所(太陽光パネル容量18MW)完成
  • 2015年6月日本政策金融公庫より徳島県内第1号として
    「地域活性化・雇用促進資金(女性活躍推進関連)の適用を受ける
  • 2016年11月第11回ニッポン新事業創出大賞
    <アントレプレナー部門>優秀賞受賞
  • 2017年4月鹿屋大崎ソーラーヒルズ着工
    (太陽光パネル容量100MW 2020年3月売電開始)
  • 2017年6月FKAIR(藤崎京都人工知能研究所)設立
  • 2017年9月~ 2018年6月農山漁村再エネ法を活用し、阿南市で長生三倉第一・第二発電所(太陽光パネル容量4MW)完成
  • 2017年12月経済産業省地域未来牽引企業に選定
  • 2018年3月山陽小野田市でバンブーバイオマス発電所建設開始
  • 2019年7月槇川正木風力発電所の開発・運営を目的とする合同会社を設立
  • 2019年09月藤崎電機株式会社と株式会社ガイアパワー合併